12月のはじめころ、仲良くしているママ友3人と忘年会をしました。
場所は近所のブータン料理屋さん!
ブータン・・世界一幸せな国、ですね。

味付けは唐辛子ふんだんに使う感じです。
辛かった~!
辛いは幸せと似ている・・

今日書きたいことはママ友とのこと。
わたしは結構一匹狼なタイプです。
ママ友ともあまり深く付き合わないタイプかもしれない。
あまり群れないんですよね、基本。

そんな中でも仲良くなっていく人というのはいる。
今回忘年会をしたママ2人とは(全員3児の母)
子どものうち1人が同じ学年ママもいるし、
全く同学年の子供がいないママも。

ふとした拍子に、
保育園の役員を一緒にしたとか、
保育園の送迎でよく会っていてどちらからともなく話しかけたとか、
そんな仲。

それぞれ活躍している分野があってお互い尊敬している。

無理して仲良くなろうと思ったことは一度もないし、
ほかの二人もそんなスタンスだと思う。

もうそれぞれ別の小学校に通わせているので、
普段会うことはあまりないのだけど、
時々誰からともなく「会おうよ」となる感じ。
もうママ友を通り越しております!

ママ友って不思議なものです。
子どもを介して知り合って、
基本子どもを挟んでの仲。

それはとても微妙な関係です。
よくドラマにもなるようなネタはいっぱいあるかと思います。

もしあなたがそんな渦中にいて
今苦しんでいるとしたら・・

「だいじょうぶ。
ママ友とのつきあいは腹6分でいいから。
そこでうまくなじもうとする自分を演じなくていいから。
取り繕わなくていいから。
そこがすべてではないから。
あなたはあなたのままでいれば
そのあなたを見てくれて、
ほんとうに心が通う人も中にはいるから。
素のあなたでいることがどんなことより大切。」

ということなんです。

悩みまくっているとしたら、
ぜひ自分にフォーカスしてください。
自分自身でいてください。
自分を呼吸してください。







[PR]
by happyachuko | 2016-12-26 20:03 | journal

クリスマスの週末、子どもに付き添って映画に行きました。
当初の予定では子どもたちだけで観てもらってわたしは買い物をしていようと目論んでいましたが、末っ子の不穏な空気に押されてママも一緒に観ることになりました。(レディースデーでもなく前売り券も買っていなく正規料金だなんて。。わたしにはめずらしいことですが)

ポップコーン買って、子どもは持参したディズニーランドのポップコーン入れにそれぞれの分をいれてあげました。
やっぱり映画とポップコーン、離れられない醍醐味です。
意味なく食べ過ぎるよね、あれ。
確実に歯に皮が入り込むよね、あいつ。

で、映画はまーったく期待も何も興味ナッシングだった『ピートと秘密の友達』。
なんかわたしの年代ではネバーエンディングストーリーのファルコンを思い出させる容貌の『秘密の友達』こと『エリオット』(みどりの竜ね)

このエリオット、ぱっと見かわいくない(爆)
リアルでもなく、でかいぬいぐるみっぽくて。
緑色の毛もごわごわと固そうで。
「ガルルー」とか「クーン」とか鳴き声だけなのでなに考えてるかわからんし。

ということでしょっぱな「たかが子供だましの映画よね」というわたし。

この映画結構つっこみどころがあって、
両親を山中交通事故で亡くした3才の男の子(ピート)が途方に暮れていたところ偶然に竜のエリオットと出会って6年一緒に暮らしていたところ発見されたというもの。

6年も社会から隔絶され、竜とだけ暮らしていた割にこのピート、
発見されてからの社会性の高さ!
サンドイッチだってちゃんと手を使って食べるし、
服も靴もちゃんと履きこなしよる。
絵もちゃんと書けるし(6年間ペンなんて持っていなかっただろうに)、
単語もいろいろ知っているし(3歳までのボキャブラリーしかないだろがーー!)
それまではかなり野生でワイルドに暮らしていた割には。

10才の役柄の子役は結構ガタイがよく、ワイルド子役。
はまっていたと思います。
この子役、ぱっと見「かわい~」とか「かっこい~」ってタイプじゃないけど
愛嬌のあるファニーファイス。
時間とともに愛着が持てる顔立ち。
エリオットも時間経過とともにかわいく見えてきました。

まあ、こんなワイルドライフを架空の生き物である竜と6年間も暮らしていた子供が発見され、人間社会は大騒動になるわけです。
もっとその6年間の話に深みがあったらよかったのに・・。
何食べていたとか、どんな暮らしをしていたとか・・。
絶対歯磨きしていなから虫歯になってない?あっでも甘いもの食べないからならないのか・・でも息はくさそうだ。

竜のエリオットが捕獲されるところはやっぱりかわいそうだったなー。
気がつくと半泣きのわたし。
なぜかというと、エリオットの姿やしぐさが飼い猫のルークに似ていたからです。
「あぁ、ルークがもしあんなことされたらわたしは耐えられない!ルークはそう、こうやって抵抗するだろう・・(涙)」となっていました。

するとどこからか

「ヒックヒック・・」

横を向くと長女(小5)が号泣からの嗚咽( ゚Д゚)
もんのすごい泣いとります!顔真っ赤だし(笑)
末っ子は指をくわえてボーゼン。
長男(小2)は前に身を乗り出してガン見!

それぞれの反応でございます。
(にしても長女は感受性かなり高いタイプと認識)

意外にもよい映画でした。
期待値が低かったせいで。
夏に観た『ジャングルブック』より数倍よかったなー。

出演者が豪華メンバーだったと後からネットで調べてびっくり。
ピートを保護する母親役のブライス・ダラス・ハワードは
あの名監督ロン・ハワードの娘。(ダヴィンチコードとかのね)

おじいちゃん役にはロバート・レッドフォード。
ずいぶん味のあるおじいちゃんだこと、と思っていたら・・
調べるまで分からなかった。
もう御年80才だそうですね。
そうは見えなかった!

映画の舞台になっているアメリカの田舎町の様子とか、
自然がめいいっぱい広がる懐深いアメリカンワイルドライフ的な感じは
留学していたころを思い出しました。
保護する家族の家の感じが、森の中にある家で(近隣まで相当はなれている感じ)、
すごくいいなー、参考になるなー、将来の家として、って感じで見入っていました。

さいきんTBSラジオのライムスターの宇多丸による『シネマハスラー』
を聴きまくっているので、映画への見方も突っ込みどころをついつい探してしまいます。





[PR]
by happyachuko | 2016-12-26 18:28 | movie

時代はパーソナル!

【パーソナルトレーニング、お願いしました】

今回はわたしが受講生の立場の話。

ママ友でありヨガインストラクターのえみちゃん(超美人☆美しいボディ!)にダイエット&ボディライン作りの個人コーチをお願いしました。


d0342342_22540950.jpg


1. 7月のハワイまでに痩せたい(どげんかせんとあかん)

2. 1人では甘えがでてしまう(自分に甘いタイプ(;'∀')

3. 1人ではモチベーションが続かない(挫折は得意)

4. 自分の恥部(体重とか)まで他人にOPENにすることでもうやるしかないと追い込む(丸裸だね)

5. 偏りがちなトレーニングの仕方とか食事の仕方を客観的にしてきしてもらう


というような理由からです。時代はパーソナル・メンターですよ。

1人の指導者:集団の時代は終わりです。

メンター、来てます。

今月から2週間に1回トレーニングに行っています。

ストレッチ・ヨガ・筋トレ・日々の生活&食事のアドバイスなどしてもらっています。

新しい発見いっぱい!自己流ってこわいわ~。


腹筋・背筋・腕立て・臀部トレーニングなど、やっているつもりでもちょっとした姿勢の違いとか手の位置とか、意識の持ち方など


「あちゃー、いままでやっていたあたくしのやり方では効果20%くらいだったのね」

ということに気がつきました。


なんせ自分でやると早く終わらせようとしてチャチャチャ~っと勢いですべてこなしちゃうのよね。

はっきりダメだししてもらって、

トレーニング中は追い込みかけてもらって、

1人だったら完璧に逃げ切るところをしっかりとつかまえてもらっています。

(先生お上手)


二人三脚の心強さを感じております。


d0342342_22535797.jpg
いちおう頑張っているところ。。


さてどうなっていくかな!

人生最後のダイエットとしようとしている所存です。

来月からは24時間やっているホットヨガ&トレーニングスタジオに入会して、

早朝にトレーニングして一日をさわやかに迎えようかと思っています。

一日を有効利用ね。

朝4時にトレーニング。

さわやかぁ~!

マニアックすぎて笑いがこみあげるほど。(どないやねん)


こうやってブログで発信することでもう後戻りしない自分を作っています。


えみちゃんのブログ

まじ、ナイスな先生なので超おすすめです!



[PR]
by happyachuko | 2016-12-22 22:55 | 自分磨き☆

先日行った講座。
この講座は前まではドゥーラの後輩向けにだけしていたのですが、
今回から思い切ってOPEN講座にしてみました。

結構ディープな内容だし、
スピリチュアルだし、
あつこカラーが満載だし・・・

と引け腰なわたしでしたが、
「でもやっぱりすごくいいから一人でも多くの人に伝えたい」
と思っている自分に気がつき一般向けに募集をかけることにしました。

私の中では、
「もしかしたら参加者が1人だけかもしれない。それでもいい。
1人だけだとしてもその人にわたしは全身全霊で向かおう。」
と急に思ったのです。
その勢いで、あれは夜中の3時だったかしら、告知文を書き上げました。

そしてその7時間後の午前10時に定員が埋まり満席御礼となったのです・・。
すごいスピードでした。
不思議なはなし。でもほんとの話。
枠を決めていたのは自分だったんですよね。
どういうエネルギーを世に放つか。
それなんだと思います。

そういえば。前回の家事編に参加してくれた方の談。
トイレ掃除を素手でする、そのやり方、をお伝えして実践してくれました。
するとその日のうちにどっと仕事が舞い込んだ、とのことです。
素手でのトイレ掃除。
すごいですよ。
やってみる価値ありだと確信しています。
わたしも『素手トイレ』で意識レベルが変わって別次元の自分になれました。
そのあたりは自分塾~家事編で伝授します。

で、今回の自分編の流れは、
誘導瞑想(呼吸法あり)、
引き寄せの話(方法・コツなど)、
ビジョンマップ(ドリームマップ・宝の地図とも言われるものです)、
アファメーション、です。

瞑想では泣く人続出!
みんな心のどこかの琴線に触れたのだと思います。

引き寄せは、これはもうしくみを理解したらむずかしい話じゃないんですよね。
ぜひ聞いてもらいたい。

ビジョンマップでは『100万円あったら?』『10億円あったら?』
『訪れたい場所は?』『友だちになりたい人は?』『1年後・3年後・5年後の自分』
『あなたのライフスタイルはどうしたい?』・・・などなどいろいろなカテゴリーについて自分を掘り下げてもらいました。
静かなBGMが流れる中、おのおのが自分と向き合って自分の引き出しを開けていきます。

お互いのビジョンマップをシェアして、
それを踏まえてアファメーション(宣言)します。
『明日までにわたしは〇〇します』
『1週間後までに・・』
『1か月後までに・・』

予想通りのことだったり、
想定外の思いが自分の中からあふれ出して意外とびっくりしたり。

こんな風に自分としっかり向き合える時間と空間と仲間。

そんな時間を提供できたのではないかと思います。

次回は1月か2月に開催予定です。(近日中に発表します)
今度は土曜日開催のつもりなので、平日お仕事している方やお子さんがの預け先がない方でも参加しやすいのではないでしょうか♪週末ならパパが見てくれるかもしれないし。

d0342342_00105038.jpg
みんなステキです~!

この日のランチ。

◎バインミー(ベトナム風サンドイッチ。紅白なますとかチキンとかナンプラーとかパクチーとか。くせになるおいしさよ。)
◎クラムチャウダー
◎ポテトフライ
◎うずら卵のカレー煮(色がきれいですよね)
◎ビーツのムース(さいきん注目の野菜!作り方めちゃ簡単です。でも超見栄えする。
生クリームとピンクペッパーを添えて)

d0342342_00092808.jpg



[PR]
by happyachuko | 2016-12-16 00:19 | イベント・講座

続々の投稿。
まんべんなく投稿したいものですね。
一気食いのような状態( ;∀;)
おなかいっぱいにさせてごめんなさい。

これもある日の話。

映画を観に行きました。

『この世界の片隅で』

話題になっているのでご覧になったかたもいるのではないでしょうか。

たんたんと、ほのぼのと過ぎていく前半。
中盤~後半にかけてはショッキングなシーンも。

最後の孤児の子のところでグッと迫るものがありました。
母という立場ならグッと来ないわけがない。
ほんとにああいう現実があったんだろうな・・切ない。

主人公のすずさんは、いつも状況を受け入れている人ですね。
ほんとはめっちゃ話したいですが、ネタばれしちゃうのでぼやかしてしか
話せませんが。
この『受入れ力』ってのがすずさんの最大の魅力なんだと思います。

そして市井の人々があの戦争という時代を現実的にどうやって暮らしていたのか、
そういうことは歴史上では出てこなくて、
でも確実にそういう生活をしている人たちが生きた時間があったわけで、
あえて言葉にさえされないようなその部分にフューチャーした映画。

どの時代でも人はごはんを作り、それを食べて、家族がいて、寝て、掃除をして、
繕い物をして、生活を整えて生きている。
それは普遍的なものであり、いままで生きてきた人たちがしてきたこと、
そしてわたしたちがしていること、
さらにこの先に生きる人も同じようにすることです。

思っていたんですよね。
玉音放送聞いても主婦たちはその日の夕食を作ったんだよなって。

生きるってそういうことだと教えてくれる映画なのかもしれません。

原作本(マンガ)が読みたくなりました。
これなら長女と一緒に観に行ってもよかったな。

一度観ただけでは細かい部分を見落としている(それくらい緻密に描かれている)ので、
また観たいくらい。まあめったに2回観るってことはしないわたしですが。
もう上映時間が夕方~とかの観に行きづらい時間になっていて残念。

すずさんの声を担当した『のん』こと元・能年玲奈よかったです。
なんかいろいろゴタゴタしてるようだけど、才能あるよねやっぱりあまちゃん。
『コトリンゴ』さんの歌も非常によかったです。CD買おうかな。

『君の名は』よりも私の中では高評価。

さいきんめっきり視力が落ちて、映画なんて眼鏡かけないと全然観れない。
ということでZoffで眼鏡を作り直しました。
オーバル型でブラウンのオーソドックスなメガネ。
メガネが似合う店員さん(男)が出来上がりをチェックするため、
真正面に立って目をじーっとみてくるからおねーさんはドキドキしちゃったじゃないの(おばさん?)

d0342342_23445405.jpg

[PR]
by happyachuko | 2016-12-15 23:45 | movie

日々のこと

どうということないわたしの日々について。

ある日。
ガス会社主催の料理教室に行った。
この日はクリスマスケーキ作り。
いちごのやつ。

ワンホールお持ち帰りということに惹かれて申し込んだ。
応募者多数なのか抽選だったけど無事当選。

結構至れり尽くせりな内容で、
飾りつけのチョコプレートやひいらぎに砂糖でできたサンタさん(帰宅途中飾りの入った箱を落としてしまい、サンタの首はもげて胴体とバラバラになり結構ホラーな感じに)、
粒のそろったきれいなイチゴもついてるし、
終わった後はコーヒーや紅茶の用意もあったりでした。

それでたしか3800円?くらいだったかな。
あなどれん、京葉ガス。
有名な某A〇Cクッキングよりリーズナブルですね。
みなさん、ガス会社からのチラシ要チェックです。

同じ調理台の人たちも感じのいい人で、
お互い初対面だったけど和気あいあいとできました。
単発授業だし、あとくされなくて参加しやすいです。

デコレーション用の生クリームの泡立て方や使い分けや、
イチゴに塗るゼラチン(=ナパージュというらしい)とか、
なぜタネを流し込んだら空気抜きするとか、
メレンゲや小麦粉の混ぜ方など、
すごーく細かいけど結構重要なことを事細かに教えていただきました。
レシピには書いてないんだよね、意外とこういうこと。
お菓子作りは嫌いじゃないけど今はあえて自宅ではやらないカテゴリー。
昔はよく作ったなー。
こういうお教室だと、準備など上げ膳据え膳のありがたい環境でできるからいいよね。

家に持ち帰ると女子たちテンション↑
やはりわかりやすい反応。
対して長男は「ふーん。俺ケーキあんまり好きじゃない。甘すぎるもん。それよりベイブレード(子どもの間で大流行のコマ遊びのおもちゃ)がさ・・」と全くケーキに近寄らない。
男子だよねー。
d0342342_23130353.jpg


そんなベイブレードはいつもルーク(ネコ)のベッド台になり、
長男は「ルークどいて!ベイブレードやりたいからどいて!」
「わーん、ママ、ルークにどいてって言ってもどいてくれない」
とよく言っています。

d0342342_23182150.jpg

[PR]
by happyachuko | 2016-12-15 23:22 | journal

ブログ・・おひさしぶりです。
ほんといつぶりか。
FacebookとInstagramとBlogとどう使い分けるかある程度決めているのに
ついつい携帯から投稿しやすいFacebookにかたよっていました。
そのFacebookさえも、忙しすぎて投稿することがままならズ
書くネタは山ほどあれど、時間がなかった。

『時間がない』

っていうのは言い訳の常套句ですね。
ここに来て投稿したいモードがすごく盛り上がっているので、
夜更かししても書きます!
言い訳はやめ!
やりたいことはやっていく。そういう生き方を選択します。
そんなモードです。
これは一気に書かなくては!波に乗っとく。

まずは。

12/8に託児付きのおはなし会をしました。
いつも忙しいママ、いつも子どもと一緒で自分に向き合う時間のないママ。
そんなママたちのためのおはなし会です。

託児時間は1.5時間。
その時間、ママということを少し忘れて自分自身になってもらいます。

今回は千葉・神奈川から4名の方が参加してくれました。
そのうち3名はわたしのドゥーラのご利用者さん。(卒業された方も、現在進行形の方も)
いつもはわたしが訪問する立場ですが、この日は逆訪問。

新鮮。
ちょっとした同窓会的な感じにもなってすごく楽しかったです。
お互いがわたしを介してつながっている、いた、ってことで不思議な光景。

会の流れは最初にオラクルカード引いてもらってメッセージを伝え、自己紹介。
そのあと呼吸法と誘導瞑想。
そしてまたそれぞれにお話ししてもらって、
タイムオーバー。
まだまだ話したりない!って感じですが、
1.5時間めいいっぱい満喫しました。

この凝縮した充実感よ!
長けりゃいいってもんでもないです。たぶん。
貴重な時間だからこそ最大限楽しめる。
こういう『今・ここ』の時間をちゃんと感じるということがどれほど心地よいものか。
ちょっと自分を満たしてあげる。
それがごきげんなママでいるポイントですね。

その後子どもたちが待つ部屋へ戻り、
みんなでランチ。

d0342342_22535316.jpg

この日のメニューは
◎ポトフ 粒マスタードを入れるのがミソ
◎ごはん 炊き立てオージャスごはん!
◎さつまいもチップス 黄色と紫のツートンカラー 何枚でも食べれちゃう♪
◎ブロッコリーマッシュポテト 作り方はめちゃ簡単。ブロッコリーもじゃがいももいっしょに茹でちゃう!味はクレージーソルト
◎にんじんシリシリ 色が、キレイなんですよねー!
◎抹茶プリン デザートはやっぱり必需品
d0342342_22524879.jpg


ランチの準備や段取りもだんだんと効率よく工夫できるようになってきて、
わたしとしては全然大変でなかったです。
むしろとても楽しい!
無理しない自分になることに決めたんです。
そういう生き方にしたんです。
無理してないけど楽しく満足感のある生き方。

『最少の努力で最大の幸福を』
これはアーユルヴェーダのありがたいお言葉です。
自分の進歩にも気がついた日でした。

お手伝いに来てくれた公子さん・一代ちゃん、ありがとう!

[PR]
by happyachuko | 2016-12-15 22:58 | イベント・講座