100日業・53日目中間報告

オグ・マンディーノ著『この世で一番の奇跡』

という本があります。
その中の第9章『神の覚書』という部分を毎日読む。
100日読む。
一日でも忘れて読まなかったらリセットされ1日目からとカウントしなおす。

という修行?業?があります。
それに8月頭からチャレンジしている私。
今日で53日目終了。

以前なんどかトライしましたがはじめて3日でいきなり読み忘れたり、
20日すぎにぽかっと忘れたり、
50日越えたところで寝落ちして忘れたり。

と挫折をくりかえしていました。
とくに、50日を越えたのに忘れちゃったときはかなりのショックで立ち直れず1年ほど放置。

でも急にやる気が起きてきたんです。
帰省したり旅行が入るといつものペースを崩しがちで読む暇がない状況がやってきてできなくなる可能性があります。
で、その逆説をとってむしろ『帰省中にやってみる』というところからスタートしてみました。

とりあえず順調に50日を越えてきました。
まさに未知との遭遇。
これから先、どうなるか。

たいていわたしは夜のお風呂の時に半身浴しながら読んでいます。
こうすると忘れないし、半身浴できるしで一石二鳥。ついでに歯も磨きながら。
子どもたちは、
「それなんて書いてあるのー。」
「読んでみてー。聞きたーい。」(読んであげるけど子どもが聞いて喜ぶものではなくすぐ興味が失せてるし)
「またママやってるのー。」
「あと何ページなのー。」
と興味津々でしたがそんな読書姿も「THE当たり前の構図・ママ読書inおふろ」となりつつあり、子どもも特に突っ込んでこなくなりました。

この9章、全部で30ページほどあり、早読みしても15~20分かかります。
内容はどれだけあなたは奇跡的な存在であるか、
すばらしい存在であるか、
ほかに類をみない存在であるか、
あなたの中にはどれほどの才能と可能性と希望があるか、
・・などなど歯が浮くような称賛の嵐の文章なのです。

これを読んでいると、
「えへへ、それほどでも・・」
なんて気分になってきて、
落ち込んでいても自分の存在がどれほど奇跡ですばらしいものかを思い出させてくれるのです。
忘れいた記憶を呼び覚ましてくれるというか、
ほんと「オレってすごい?」と思わせてくれます。
わたしたちってほんと奇跡の存在なんですよね。

とにかく勇気づけてくれる文章。
それを毎日毎日かならず読む。
音読した方がさらにいいらしいですが(してませんが)

ハーフバースデーのように50日たったので自分でお祝いしてみたい気分です。
あと47日、がんばろ。
文章、かなり暗記してきました。

d0342342_00141460.jpg


[PR]
by happyachuko | 2016-09-24 00:17 | スピリチュアル☆ | Comments(0)

先日の連休、ディズニーリゾートへ行ってきました。
夫の兄家族が上京してきたので、1日目ランド・2日目シーと連日のインパーク。
うちはディズニーランドへは車で20分、電車だったら12分で行ける距離に住んでいるため
連日行くのはとてもめずらしいことです。
そして約25年前(四半世紀!という時の流れ)スペースマウンテンでバイトしていたわたしゆえに
もうそれほど「ディズニーディズニー」としていないのです。

そういうこともあって、近くて遠い国と化していたディズニーランド。
前回行ったのは6年前・・それ以来「いつも混んでいる。やたらお金のかかる国。」
という概念で行かなかった場所。

でも行くとなったら急にガイドブックなど買ったりしたり、
ディズニーにくわしい人にいろいろと耳より情報を聞いてみたり。(行く気満々やん)

結果・・・行って楽しかったよ!

というのが率直な感想・・なんちゅー単純な。
またクリスマスあたりに行ってみようと思っていたり。(すでにリピーターレベル)
行ってみたら行ってみたで魔法にかけられたわけです。(みんなかかるよね!)

1日目のランドについては先日InstagramとFacebookにUPしたので、
このブログでは後半戦のシーについて書いてみます。

前日のランドから家に戻ってきたのは夜8:00ころ。
うちのマンションにはゲストルームなる、宿泊施設があるのでこうやって親類などが来たときとても助かる。
姪っ子が体調崩したので救急病院に連れて行ったり、洗濯物したり、片付けしてたりで寝たのは夜中の1:00ころ。
朝は5:00起き。(ちょっと拷問な睡眠時間ね)
10人分のお弁当(おにぎり、卵焼き、鮭、くだもの)を作っておべんと箱につめる。
7:00ころ出発して車で朝ごはんタイム。

できたらもっと早く並んで開園と同時にすぐインパークできれば人気アトラクションのトイストーリーも行けたんだろうけど、
子どもも多いし(子ども6人)幼児もいるしで無理しないようにしました。

とにかくみんな前日の疲れを引きづっているし、小雨が降ったりやんだりの中途半端な天気のためシアター系を攻めることに。
トイストーリーのファストパスの列がすごいことになっていました。

・タートルトーク(前の方に座っていないと当ててもらえないね)
・マーメイドラグーンシアター(アリエルが結構体格のよい人だった。体の厚みが・・人のこと言えんけど(笑)
フードコートで休憩しながら、各々がマーメイドラグーンの乗り物など乗る
・マジックランプシアター(結構面白い。部屋に入る順番をよく知らないとせかっく前に並んでいてもすごい端っこの席になる・・と学んだ)
・キャラバンカルーセル(メリーゴーランド。親は子供のそばについて立っていたのですがひじょーに酔いました)
・海底2万マイル(乗り物内のスピーカーの音がとても大きくて、無意味に怖さを引き立てる)
・タワーオブテラー(フリーホール。まじこわい。こんなこわいものがディズニーにあるとは知らなかった・・ディズニーってこわいっていいながらたいていこわくないと思っていたのに。本気で絶叫系。前ふりの話もこわすぎる・・小1の姪っ子まじに怖がっていて最後は泣いた。当然だわ。足元に置いていたカバンが宙に浮くし。怖がらせるでなくてもっとメルヘンチックなストーリーでフリーホールのほうが趣味がいいと思う)

あとはお土産屋さんで買い物。
長女、筆箱、シェリーメイのポシェット。
長男、ハンバーガーのメモ帳、BB8のポップコーン入れ・驚愕の¥2,300、BB8のキーチェーン。
次女、ハロウィーン仕様のカチューシャ、ジェラトーニのポシェット。

おみやげもの、結構いい値段ですね。
ディズニーブランドってすごいわ。
リゾート全体では一日7億くらいの売り上げだそうですね。
そのまわりのホテル群やイクスピアリなど合わせるとすごいでしょうね。
おそるべき夢の国・・。マニマニマニー!

ランドはトイレの場所がどこにあるとか、どんな食べ物屋さんがあるとか、この道が近道だとかよく知っているのですが、
シーの方は3回目だったのでさっぱりさっぱり。
探求心が強いタイプのため、今度はもっとシーを制覇したいと思うようになりまた行こうかと思っています。
インディージョーンズやレイジングスピリッツも次回は乗りたいね。

ディズニー残念なのは食べ物がほぼファストフードであるということ。
2日間も続けていくとお腹の調子があきらかに乱れます。
中に丸亀製麺などそういうジャパニーズファストフード店を作ってほしい。ミッキー仕様でいいんで。

なんだかんだ言いながらやっぱりたのしい場所でした。






[PR]
by happyachuko | 2016-09-23 20:53 | 旅行・おもにcamp | Comments(0)

きのうは午前中お客さんのところに所用で出かけ、
午後は自分磨きタイム♪

京葉ガスのコーヒーレッスンに行ってきました。

d0342342_07421898.jpg

「おいしいコーヒーをいれられるようになりたい」

とつねづね思っていたんです。
お客さんにはもちろん、いろいろ講座をしているときにもコーヒーを出す機会は多く。
都内の講座やコーヒー専門会社のHPなどチェックしていたのですが、灯台下暗し。
毎月ポストインされるガス会社の料理教室でコーヒーの講座があるではないか、と。
アンテナ立てておくと引き寄せられますね。

講師は市川市本八幡一番街商店街の中にある
スペシャリティコーヒーロースターの『萌季屋』さん店主。
先日アド街ック天国~本八幡版~でもランクインしたようですね。
40代半ばくらいの男性。
見た目は茂木健一郎氏。

しょっぱなからコーヒー豆に対する熱い思いが飛び出します。
コーヒーの淹れ方とか、保存方法とかそういう話からかと勝手に思っていたら、
コーヒーの木の生育についてとか、
自然環境とか、
コーヒーを育てている人たちの状況とか、
店主が毎年海外に買い付けに行っている話とか。

だんだん話に引き込まれ、情熱ほとばしるコーヒー愛。
心の中で『深炒りの熱い男』と命名。
現地でコネクションをコツコツ構築されているので、お店では貴重な豆も取り扱われているようです。

アラビカとかロブスタとか、豆の種類など初めて聞く言葉ばかりでしたが勉強になりました。
「本気の人、心を込めてこの人はコーヒー豆を愛している。」
それが伝わった。
近所にそういうこだわりのお店があってうれしい。
今度お店にも飲みに行こう。

実習ではブラジル豆、エチオピア豆、ガテマラ豆の三種類のコーヒー飲み比べ。
味の違い、わたしでもわかりました。
わたしはブラジル豆がお好み。
酸味より苦みがすき。

そして各グループ内でそれぞれ同じ豆を使ってハンドドリップしたコーヒーも飲み比べ。

これが、味が全然違う。
淹れる人によって違ってくるんです。
これにはびっくり。
お湯の注ぎ方によって味ってかなり変わるんです。

せっかちか、おおらかか、こまかいか、こだわるか。

性格出てました。
お湯を注ぐときは無心になるのがいいようです。
茶道の世界と同じかな。
マインドフルネス的な世界です。
決してイライラしながらコーヒーは淹れてはなりませぬ~~~。

d0342342_07414926.jpg

豆を見る、ポットを近づける、お湯を注ぐ、豆を見る、お湯の浸透具合を見る、お湯を入れる・・

d0342342_07420542.jpg

最初お湯を入れた後ぷく~っと豆が柱のように盛り上がってくるのがたのしい。


d0342342_07440323.jpg
萌季屋さん特性のラムレーズンロールをおやつにオリジナルブレンドの豆で淹れたコーヒーを飲みました。
さっすがに何度もテイスティングしてお腹がコーヒーの池。
そして夜、寝れなくなったし( ;∀;)午後以降のカフェインってわたしの天敵。

豆の選び方、道具の選び方、ハンドドリップの仕方をしっかり学べてたのしかったです。
コーヒーの淹れ方って習うことってあまりないですものね。
なんとなく淹れていたコーヒーですが、これからはマインドフルネスハンドドリップでいきたいと思います。
今度うちにいらしたら、たぶんおいしいコーヒー淹れらるかとおもいまーす!

ウェルカム~~。




[PR]
by happyachuko | 2016-09-14 09:14 | 自分磨き☆ | Comments(0)

保育園お泊り会

この間の土日は、末っ子保育園年長組のお泊り会でした。
保護者が企画して親子で参加する恒例の行事(うちは3回目の参戦)
場所は千葉県佐倉市にある『草ぶえの丘』(知ってる人はしってるよね)
25家族76人の親子が大集結!
公園があったり、キャンプ場があったり、ミニSLあったり、リスがいたり、
イモ堀できたり、お餅つきできたり、陶芸できたり、バラ園あったり・・・おたのしみはいっぱいあります。
宿泊施設は格安なのでこういう行事にはもってこいの場所です
(各種幹事さん、おすすめです。かな~り昭和の香りがする施設だけど(^_-)-☆

わたしはこのお泊り会の役員でした(長男のときに続き2回目のお泊り係)
過去2回は家族全員でいつも参加していましたが、
今回はわたし・長女・末っ子と女子メンバーで参戦。
(残った男チームはシンゴジラ観たり、ロッククライミングなどしてそれなりに満喫していたらしい)

子どもたちは保育園以外で保育園仲間と会える!遊べる!
ってことだけでもうハイテンション(その単純さがすきさ)
宿泊する場所は80畳くらいの広い和室なので、
入ったとたんに走るよね・・(;'∀')そらあ

d0342342_00184565.jpg


親子で遊べるレクをしたり、
リレーしたり、広場に放牧したり(笑)
お風呂も短い時間内でワーワーと入り、
お腹いっぱいごはんを食べて、
夜は花火大会。
手持ち花火の後、パパ隊による打ち上げ花火。
これが想像以上にすばらしくて、子どもも大人もおおはしゃぎ。
いまの打ち上げ花火って進化してますね。
セッティングしてくれたEちゃん、ありがとう!

d0342342_00035675.jpg



その後は読み聞かせして寝かしつけ。
結構寝ないけど・・|д゚)



d0342342_00081756.jpg

あとは大人たちで飲み会タイム(そのための気合入れた寝かしつけがあったワケ)
コストコで普段は買えないビッグサイズのスクエアケーキを買ってママたちで楽しみました。
ほぼ徹夜で飲んでいる人もいました。みんな体力あるー。
わたしは12時過ぎに退散。

2日目は陶芸。
ところが、朝からざんざんぶりな雨でして( ;∀;)
宿泊場から陶芸場まですこし離れているためワンボックスカー所有のパパたちにお願いして
ピストン輸送しました。
わたしは役員の仕事とか、昨日の疲れを引きずっていてわが子の陶芸をあまり手伝えなかったのですが、末っ子はもくもくと斬新な『ネコとネズミのお皿』を作っていました。
末っ子ってこういうところたくましいです。

そして11時に解散。
なんだかあっと言う間の2日間でした。
役員としては無事会を終えられてホッと一安心。

日常では送迎の時しかほぼ会うことはないけれど(時間によっては全然会わない人も)、
同学年の子どもがいるというだけでつながった人たちと
同じ釜の飯を食い、すっぴんの顔も見せ、お風呂も一緒に入っちゃって裸の付き合い、
なんて不思議ですよね・・・。
きっと前世でもどこかでつながっていた人たちなのでしょう。

わたしは末っ子を37歳で産んでいるので、結構年長者ですし。
最高で16歳年下なんていうヤングなママもいるんですよー、これが。
そんな年の離れた世代同士でも『5歳児のママ』
ということで同じ立場で話せるってところが面白いところ。
そして仕事も全然フィールドがちがうので、それも面白い。
ある意味異世代交流・異業種交流会。

保育園生活もあと半年。
長女のころからだと足かけ10年のほーくえん生活。
もうおなかいっぱいな部分と(特に送迎ね)、
この幼児期を過ぎてしまうさみしさと。
いろいろあるけど時は平等に、確実に、決して止まることなく
流れているんだなと思うのです。

この表情は、今しか見られない、味わえないということをじんわりと感じていたい。

役員、毎年なにかやっているしまだまだ数年続きます。
学校や保育園に習い事の父母会とか。
仕事との分担を考えながら毎年なにをやるのかを一覧表にして、
先の見通しをたててやっていった方がいいね。
ゴールデンスケジュールの中に組み込んでいこうっと。







[PR]
by happyachuko | 2016-09-14 00:31 | こどものこと | Comments(0)

ネコだって自由に!

先週の週末のこと。
去勢手術を受けたネコのルーク(♂)

病院という異空間、待合室にいるだけで心臓バックバクな感じがルークから伝わってくる。
そして診察台の上に上がったとたん、緊張はピークに。
体温測ったり(お尻の穴ね)、
先生に触られるだけでうなり声。。もう天敵としか思ってないね(笑)

しまいには先生に威嚇して、エリザベスカラーをさっさとつけられる始末。
採血されたときにはなだめていたわたしの指はふか~く噛まれていました・・ぶっすりと、
歯が直角につきささっていた(涙)

そして奥のへやに連れていかれちゃって、もう会えない・・(夕方には会えるよ)
飼い主・親としてはちょっとせつないお別れ。

中ではレントゲンをとられたらしい。

そして午後になり手術が始まりました。
全身麻酔の初めての体験。

4時くらいに病院から電話が。
無事終わり麻酔からも覚めたと。
6時以降にお迎えおねがいしますとのことでした。

お迎えに行くとエリザベスカラーの襟をつけられたルーク登場。
タマタマ周辺は痛々しい感じ。
摘出したタマタマを見せてもらうとライチのようなものが二つ(かなり小ぶりのね)

ルークは自分に起こったことがなにかわからない。
なのにずっとエリザベスカラーをつけているから自分の体を舐めることも見ることもできない。
ここからルークのさらなる試練がはじまるのでした。

せんせーによると、このカラーは次回診察(1週間から10日ころ)までつけていなくてはいけない。
2~3日はいやがるけどそのうち慣れるから、
と言われて帰宅。

全麻によりぐったりした状態が続き、食欲もなし・・
エリザベスカラーのおかげで寝るときも邪魔になるようで落ち着かない・・
このにっくきエリザベスは視界を遮るようで、歩き方がすごく変になって前になかなか進めない・・
エリザベス・・名前だけがかわいいだけでほんとルークにとってはおぞましい一品・・

次の日も一応つけていたのだけど、ほんと元気ない。
身体を舐めたいのに舐められない。
顔を洗いたいのに洗えない(手でね)
目の調子も悪いのか涙さえ流している・・そして目ヤニさえ取れない飼い猫・・
話しかけて言葉で説明しても理解できないからなおさらお互いつらい

あまりに不憫だったのでいろいろ調べてみると、
患部を舐めたりしなければカラーは外していいとか、
そもそもカラーを処方する病院もないようだということがわかり夫に相談する。

「ね、ね、わたしが見ている間だけは外してあげていいでしょ。30分でもいいから。」

と言うも、

「いや病院の指示に従おう。」

とこれまた堅物野郎・・いや慎重派の夫

で病院に問い合わせて「飼い主さんが見ていれば・・」という条件で外させてもらいました。
しかーし!ルークはすぐ患部を舐めようとする・・

私「だめだよ、そこはなめちゃだめだよ」
ルーク「ウ~~~~~」(うなり声)「お前もやつらとグルか」(ルーク心の声)

なんどもそんなやり取りをくりかえして、
またエリザベスをつける。

そんな駆け引きを続けました。

ほんとエリザベスをつけているときのルークの絶望の目線がいたたまれない・・
さっきまで若々しい戦士だった顔が、失脚したうつろなサラリーマンの目になる

なんだかんだ患部もだいじょうぶそうになってきたので
結局エリザベスとのつきあいは2日間くらいであとは自由にさせていました。
ほんとは先生の指示とはちがうけれどエリザベスをつけ続けたらたぶんルークは
患部どうこうよりも精神的に追い詰められておかしくなっていたと思います。
そっちのほうが何百倍も心配だった!

今回のことで、人でも動物でも、自由を制限されることの弊害を強く感じたのです。

どんなことがあっても人は、生き物は、自由でいたいんだと思いました。
圧倒的な権力ってコワい!!
ネコは自分でエリザベスカラー外すことは不可能ですから。

わたしの人生のテーマでもある『自由』。
ルークからいろいろ教わりました。

画像はエリザベスを外せてすっきりしているルーク

d0342342_16503129.jpg


[PR]
by happyachuko | 2016-09-12 16:51 | 家事のこと | Comments(0)