生きたいと思うその心は

先日ラジオで。

『笑瓶ちゃん』こと笑福亭笑瓶さんの話。

彼は昨年末、ゴルフ中に心臓の痛みを覚えドクターヘリで緊急搬送されました。
病名は『急性大動脈解離』
あやうく命を落とすところだったそうです。

ドクターヘリに乗りながら尋常ではない痛みに「これはまずいかもしれない・・おれは死ぬのかもしれない」と思ったそうです。

鉄のドアが見えて、そのドアの先には階段があるようだったと。
そのドアが開いてしまったら自分がもうだめだと直感でわかったそうです。

そのとき彼が心から思ったのは、
「おれはもっと生きていたい。もっと五感で感じることをしたい。」
だったそうです。

なにか偉業を成し遂げようとか、
みんなに認められるなにかをしたいとか、
自分の使命がどうのこうのとか、
そういう大それたことではなかったのだとか。

ご飯を食べておいしいと感じたい、
風に吹かれて気持ちがいいと思いたい、
腰痛の痛みさえも感じたいと思ったのだと。

五感で感じる。

それが痛みであっても、生きているからこそ感じられるものだから尊いものだと思ったそうです。
あのドアの向こう側に行ってしまったらそこは平和な世界かもしれないけれど、
俺は二度とこの世界で感じていたものをありありと感じることはできないだろうとわかったそうです。
だから「おれはもっと生きていたい!!」と強く思ったそうです。(そうしたら助かったのだと)

彼は多分通常それほどスピリチュアリストではないと思うのですが、
もう発言そのものがスピリチュアリストでした。
とても説得力があった。

そんな彼の言葉にいたく感銘を受けました。
生きているだけで、生きていることこそがすばらしいんだなと。

生きているとなにか人から評価を受けるようなことをしなくてはいけないとか、
よりよい学校へ行くのが正解、
たくさん稼いで社会的に地位あのある仕事をするのが成功者、
なんてことが大事な価値観だと植えつけられてしまうことが多々あります。
でもそれって、その基準はなんの基準?

髪をなびかすさわやかな風を感じたかったのではない?
湯気の立った炊き立てのご飯を味わいたかったのではない?
くたくたに疲れ切った身体を、パリッと清潔なシーツでくるまれたベッドに身を委ねたかったのではない?
幼子のやわらかな手を引いて夕日とともに家路に着きたかったのではない?
だれかの腕に包まれて心からの安心感を味わいたかったのではない?

そんなことを基準にして考えると、
自分のまわりにはずいぶんとたくさんのしあわせが転がっていて、
どれほど自分が与えられているのか分かるような気がします。





[PR]
by happyachuko | 2016-05-07 17:42 | スピリチュアル☆

おひさしぶりです。
どれくらいぶりかは自分でもおそろしくて振りかえれなくらい。。

「もうこのブログは閉鎖か?!」

というツッコミにぐうの音もでまへん。

でも、わたし元気です。
リアルな現実世界があまりにいそがしく、この画面に行きつけなかった・・
というのは半分ほんとで半分言い訳。

ブログから遠ざかると、どんどん遠ざかる感覚わかりますか。
それはスポーツクラブに会費は払い続けているのに行かなくなるのと似ている感じ。

とにかく言い訳はいいから、今後はもうちょっとまめに更新したいと思います。
はじめちゃうと、自分とブログの距離はググッと縮まるのにね・・

『おしん』

みなさんご存知でしょうか。
もはやリアルタイムで見たという世代は40over くらいなものでしょうか。
わたしもぎりぎりその世代。
小学校低学年の頃やっていて、世の中の人たちの話題になっていたのを子どもながらに覚えています。

小林綾子の少女時代と、おっかさんの泉ピン子が目立っていたような気がします。
おしん=小林綾子って感じで。

でも実際見始めると、

おしん=田中裕子じゃないかぁぁぁ!です。

ほんと田中裕子さん、すばらしい女優さんです。
ぽわっとした雰囲気ながら、ときどき見せる意志の強さに魅了されますね。

たまたま某ゆーちゅーぶにて見はじめまして、
どっぷりとはまってしまいました。(全297話 さすがに全部は見ませんでした。
昭和時代の話になるとどろどろした人間関係や、結構いい加減でひどい人が多く出てきて
渡る世間の下地になってそうな展開で、このあたりから見るのがしんどくなってきました)

おしんって人生のところどころですばらしいメンター(人生のよき先輩、指導者)と出会っているんですよ。
わたしの見立てによると、

山形・少女時代 俊作あんちゃん
酒田・奉公時代『加賀谷』大奥様(くに)
東京・髪結い時代 長谷川たか
佐賀・嫁姑時代 田野倉きよ

この人々の出会いがおしんを大きくひっぱりあげてくれているのです。

姑の田野倉きよはほんっと見てる方がムカムカしちゃうほどのお姑さんぶりで
おしんはいびりにいびられまくるのですが、
そんな役回りをしてくれた田野倉きよさんも実はおしんを大きく成長させてくれる
よきメンターなのではないかと思うのです。

どのメンターもとてもよい味を出していて、どのキャラクターもなくてはならないです。
ああいう筋の通った年長者って少なくなりました。
というかわたしがそういう立場になる年齢になってきたんだろうなとも思う。

おしんはどんな状況でも懸命に生きている。
それがすばらしいです。
目の前のことをただ一生懸命やると、そのうち仲間や応援者が出てきて、
気がついたら次のステージに上がっている、そんな感じです。

おしんのビジネスセンスもすばらしく、
商売ってのはこういうことかということも勉強になります。

橋田壽賀子ってすごいわぁ、と改めて思いました。
渡る世間~のイメージが強かったけど、
おしんの世界を脚本化できるのってほんとに並はずれた知識と想像力と表現力だと思う。

最高視聴率62.9%ってのもうなずけます。

はまって見ていたのは2月だったので、
感想書くにも熱が少し冷めてしまいましたがほんとにいいドラマです。
お時間ある方は某ゆーちゅーぶでどうぞ。









[PR]
by happyachuko | 2016-05-04 22:15 | DVD