カテゴリ:スピリチュアル☆( 4 )

100日業・53日目中間報告

オグ・マンディーノ著『この世で一番の奇跡』

という本があります。
その中の第9章『神の覚書』という部分を毎日読む。
100日読む。
一日でも忘れて読まなかったらリセットされ1日目からとカウントしなおす。

という修行?業?があります。
それに8月頭からチャレンジしている私。
今日で53日目終了。

以前なんどかトライしましたがはじめて3日でいきなり読み忘れたり、
20日すぎにぽかっと忘れたり、
50日越えたところで寝落ちして忘れたり。

と挫折をくりかえしていました。
とくに、50日を越えたのに忘れちゃったときはかなりのショックで立ち直れず1年ほど放置。

でも急にやる気が起きてきたんです。
帰省したり旅行が入るといつものペースを崩しがちで読む暇がない状況がやってきてできなくなる可能性があります。
で、その逆説をとってむしろ『帰省中にやってみる』というところからスタートしてみました。

とりあえず順調に50日を越えてきました。
まさに未知との遭遇。
これから先、どうなるか。

たいていわたしは夜のお風呂の時に半身浴しながら読んでいます。
こうすると忘れないし、半身浴できるしで一石二鳥。ついでに歯も磨きながら。
子どもたちは、
「それなんて書いてあるのー。」
「読んでみてー。聞きたーい。」(読んであげるけど子どもが聞いて喜ぶものではなくすぐ興味が失せてるし)
「またママやってるのー。」
「あと何ページなのー。」
と興味津々でしたがそんな読書姿も「THE当たり前の構図・ママ読書inおふろ」となりつつあり、子どもも特に突っ込んでこなくなりました。

この9章、全部で30ページほどあり、早読みしても15~20分かかります。
内容はどれだけあなたは奇跡的な存在であるか、
すばらしい存在であるか、
ほかに類をみない存在であるか、
あなたの中にはどれほどの才能と可能性と希望があるか、
・・などなど歯が浮くような称賛の嵐の文章なのです。

これを読んでいると、
「えへへ、それほどでも・・」
なんて気分になってきて、
落ち込んでいても自分の存在がどれほど奇跡ですばらしいものかを思い出させてくれるのです。
忘れいた記憶を呼び覚ましてくれるというか、
ほんと「オレってすごい?」と思わせてくれます。
わたしたちってほんと奇跡の存在なんですよね。

とにかく勇気づけてくれる文章。
それを毎日毎日かならず読む。
音読した方がさらにいいらしいですが(してませんが)

ハーフバースデーのように50日たったので自分でお祝いしてみたい気分です。
あと47日、がんばろ。
文章、かなり暗記してきました。

d0342342_00141460.jpg


[PR]
by happyachuko | 2016-09-24 00:17 | スピリチュアル☆ | Comments(0)

生きたいと思うその心は

先日ラジオで。

『笑瓶ちゃん』こと笑福亭笑瓶さんの話。

彼は昨年末、ゴルフ中に心臓の痛みを覚えドクターヘリで緊急搬送されました。
病名は『急性大動脈解離』
あやうく命を落とすところだったそうです。

ドクターヘリに乗りながら尋常ではない痛みに「これはまずいかもしれない・・おれは死ぬのかもしれない」と思ったそうです。

鉄のドアが見えて、そのドアの先には階段があるようだったと。
そのドアが開いてしまったら自分がもうだめだと直感でわかったそうです。

そのとき彼が心から思ったのは、
「おれはもっと生きていたい。もっと五感で感じることをしたい。」
だったそうです。

なにか偉業を成し遂げようとか、
みんなに認められるなにかをしたいとか、
自分の使命がどうのこうのとか、
そういう大それたことではなかったのだとか。

ご飯を食べておいしいと感じたい、
風に吹かれて気持ちがいいと思いたい、
腰痛の痛みさえも感じたいと思ったのだと。

五感で感じる。

それが痛みであっても、生きているからこそ感じられるものだから尊いものだと思ったそうです。
あのドアの向こう側に行ってしまったらそこは平和な世界かもしれないけれど、
俺は二度とこの世界で感じていたものをありありと感じることはできないだろうとわかったそうです。
だから「おれはもっと生きていたい!!」と強く思ったそうです。(そうしたら助かったのだと)

彼は多分通常それほどスピリチュアリストではないと思うのですが、
もう発言そのものがスピリチュアリストでした。
とても説得力があった。

そんな彼の言葉にいたく感銘を受けました。
生きているだけで、生きていることこそがすばらしいんだなと。

生きているとなにか人から評価を受けるようなことをしなくてはいけないとか、
よりよい学校へ行くのが正解、
たくさん稼いで社会的に地位あのある仕事をするのが成功者、
なんてことが大事な価値観だと植えつけられてしまうことが多々あります。
でもそれって、その基準はなんの基準?

髪をなびかすさわやかな風を感じたかったのではない?
湯気の立った炊き立てのご飯を味わいたかったのではない?
くたくたに疲れ切った身体を、パリッと清潔なシーツでくるまれたベッドに身を委ねたかったのではない?
幼子のやわらかな手を引いて夕日とともに家路に着きたかったのではない?
だれかの腕に包まれて心からの安心感を味わいたかったのではない?

そんなことを基準にして考えると、
自分のまわりにはずいぶんとたくさんのしあわせが転がっていて、
どれほど自分が与えられているのか分かるような気がします。





[PR]
by happyachuko | 2016-05-07 17:42 | スピリチュアル☆ | Comments(0)

どこで咲くのか

【相性ぴったりのオラクルカード】

オラクルカードってごぞんじですか。
タロットカードみたいなものです。
いやタロットより簡単かも。
シャッフルして引くだけなんですよ~奥さま!!

エンジェルカードとか神様カードとかいくつか持っているのですが、
ここ一番のときかならず引くのはこの『The Map Card』です。
このマップカードがまたよく当たる。
わたしの心を見透かしてる?って思うほど、
ドンピシャなメッセージが来るんです。
タロットみたいに上下(正・逆)の位置にも意味があって、これまた奥深い。

カードの種類も
『bone collector』(おばあちゃんがニコニコしながら集めた骨の真ん中で笑っている図)
『ride the wave』(波に乗る・イルカが波にのっている図。すごくすき)
『magic stream』(魔法の小川、マジックストリームってのがいいですね。なんかいいもの流れていそう。)
『stuck in the mud』(ぬかるみに足をとられて・ぞうさんが沼ではまってこまっている図)
とかいろいろと興味深い絵とワードが載っています。

誕生日に引いたカード

『solitude』(孤独・正位置)
瞑想をすることが必要なサイン。マインドを空にして自分の中に静けさが流れ込むのにゆだねてください。
今はリトリートの時期であり、一歩下がって人生の課題から焦点をずらすことです。エネルギーを取り戻すと物事が勝手に片付いていくことでしょう。

『comming apart』(逆位置・分裂)
パズルをバラバラにして起こったことをよりよく展望してみましょう。あなたはすでに所属していない場所に長くグズグズしています。ユーモアのセンスを持ちましょう。呼吸をして自分が愛されていることを知ってください。

『gentle gardener』(やさしい庭師・逆位置)
あなたがなにか願望を投げかけながらも、密かに自分はそれを手にする価値がないという思いを抱いていたら、あなたは自分の夢の庭に雑草を植えているのです。逆位置にやさしい庭師が出る場合はそのネガティブな思いや自分勝手な動機に気づくことを促しています。しかし思い悩むことはありません。一度認識したらいつでも悪い種を取り除いて健康的な種ととりかえることができるからです。許しはもっともパワフルな回復のツールです。

ということでまた「きゃん」と気づきを得られるメッセージでした。
逆位置でもおそれることなかれ。
そこには真相をついて、それでいて前向きなメッセージがかくれています。

ということで42キャラットのらわたしは、
『瞑想・ユーモア・許し』
がテーマのようです。
深いね~!

この一年はそういう風に生きてみようと思います。

人ってエネルギーの違いがあるんですよね。
ブルトーザーみたいに一度にパワフルに土を運べるものもあれば、
手持ちシャベルのように繊細な仕事ができるものもある。

自分は『鍬(くわ)』だと思って畑を一生懸命耕していてそれはそれでうまくいっていて。
でもじつは日々成長しているから、気がついたらトラクターになっているかもしれない。
でも自分を見つめないでいるといつまでも鍬だと思ってるから、
ちょっと耕したいだけなのに大きく穴を掘って周りを困惑させる・・?

でもトラクターである自分を意識したら、
トラクターが求められる現場に行って、
あますことなく自分のエネルギーを注いだら、
広い畑もすいすい耕して短い時間で畝(うね)ができて、
種を植えることができる。
そしてまわりからも感謝される・・

きっとそういうことなんだと思います。

自分のエネルギーの向けどころというものに気がつき始めたわたしです。

ほんとうにほんとうに生かしていただいて天に感謝しています。

d0342342_13203263.jpg

[PR]
by happyachuko | 2015-11-06 13:19 | スピリチュアル☆ | Comments(0)

目に見えないものこそが

d0342342_15354324.jpg


「あぁ、あぶなかった!」

と日常で思うことありませんか。
ありますよね。
あるんですわたし、よくよく。

それは単なるおっちょこちょいってわけですが、
今日も2度ほどありました。

1つめ。
車の運転中、
左折しようとしていたら直進の車がもうスピードで脇をとおりぬけ、
はっきしいってもう2センチくらいスレスレを
通っていきましたよ・・
わたしがハンドルをすこし大き目に切っていたら、
「がちゃこーん」
とおたがいベコベコの車体になっていたでしょうね。

2つめ。
帰宅したら、
ガス台の火がひとつついていた・・・!!(補足:超弱火で)
朝ホットココアを作ったときに、
ミルクを温めたんです。
そのままミルクパンを火からおろし、
スイッチを消すのを忘れたようです・・・(爆orz)

帰宅して気がついて、
かなり落ち込みました。
でも何事もなく、
まわりに燃えるものもなく、
ただ火がついていた状態ですみました。

こういうときわたしは天からの救いがあったと
大感謝します。

「感謝してる場合でねえ。自分の不注意さに反省せよ。」

というツッコミ、
後半部分はその通りだと思います。
ただわたしはまず感謝する。

大事になるところが、
なにかによって守られたのだと。
なにかが守ってくれたのだと。

自分一人の力で生きていると思うことは、
結構おこがましいのかもしれません。
わたしたちは、
なにか見えないものによって、
生かされているのだと思うのです。
(ただわたしみたいなおっちょこちょいは天も計算外かと思うけど)

神様が、
「はい、この人の人生これでおーわり」
としてしまったら、
あっという間に幕引きが起こってもおかしくない。
明日死んでもおかしくないのです。

だけど今日も朝元気に目が覚める。

朝、
いつものように起きれることが、
いつものように歩けることが、
じつはとても奇跡であるということをわたしは知る。

だからこの手と足をつかって、
天がこの世で実現したいことを、
わたしは今日もさせていただこうと思う。

天は感謝されることがとってもうれしいんだそうです。
なにかあったら感謝・感謝です。





[PR]
by happyachuko | 2015-10-08 15:50 | スピリチュアル☆ | Comments(0)