日々のこと

どうということないわたしの日々について。

ある日。
ガス会社主催の料理教室に行った。
この日はクリスマスケーキ作り。
いちごのやつ。

ワンホールお持ち帰りということに惹かれて申し込んだ。
応募者多数なのか抽選だったけど無事当選。

結構至れり尽くせりな内容で、
飾りつけのチョコプレートやひいらぎに砂糖でできたサンタさん(帰宅途中飾りの入った箱を落としてしまい、サンタの首はもげて胴体とバラバラになり結構ホラーな感じに)、
粒のそろったきれいなイチゴもついてるし、
終わった後はコーヒーや紅茶の用意もあったりでした。

それでたしか3800円?くらいだったかな。
あなどれん、京葉ガス。
有名な某A〇Cクッキングよりリーズナブルですね。
みなさん、ガス会社からのチラシ要チェックです。

同じ調理台の人たちも感じのいい人で、
お互い初対面だったけど和気あいあいとできました。
単発授業だし、あとくされなくて参加しやすいです。

デコレーション用の生クリームの泡立て方や使い分けや、
イチゴに塗るゼラチン(=ナパージュというらしい)とか、
なぜタネを流し込んだら空気抜きするとか、
メレンゲや小麦粉の混ぜ方など、
すごーく細かいけど結構重要なことを事細かに教えていただきました。
レシピには書いてないんだよね、意外とこういうこと。
お菓子作りは嫌いじゃないけど今はあえて自宅ではやらないカテゴリー。
昔はよく作ったなー。
こういうお教室だと、準備など上げ膳据え膳のありがたい環境でできるからいいよね。

家に持ち帰ると女子たちテンション↑
やはりわかりやすい反応。
対して長男は「ふーん。俺ケーキあんまり好きじゃない。甘すぎるもん。それよりベイブレード(子どもの間で大流行のコマ遊びのおもちゃ)がさ・・」と全くケーキに近寄らない。
男子だよねー。
d0342342_23130353.jpg


そんなベイブレードはいつもルーク(ネコ)のベッド台になり、
長男は「ルークどいて!ベイブレードやりたいからどいて!」
「わーん、ママ、ルークにどいてって言ってもどいてくれない」
とよく言っています。

d0342342_23182150.jpg

[PR]
by happyachuko | 2016-12-15 23:22 | journal