目に見えないものこそが

d0342342_15354324.jpg


「あぁ、あぶなかった!」

と日常で思うことありませんか。
ありますよね。
あるんですわたし、よくよく。

それは単なるおっちょこちょいってわけですが、
今日も2度ほどありました。

1つめ。
車の運転中、
左折しようとしていたら直進の車がもうスピードで脇をとおりぬけ、
はっきしいってもう2センチくらいスレスレを
通っていきましたよ・・
わたしがハンドルをすこし大き目に切っていたら、
「がちゃこーん」
とおたがいベコベコの車体になっていたでしょうね。

2つめ。
帰宅したら、
ガス台の火がひとつついていた・・・!!(補足:超弱火で)
朝ホットココアを作ったときに、
ミルクを温めたんです。
そのままミルクパンを火からおろし、
スイッチを消すのを忘れたようです・・・(爆orz)

帰宅して気がついて、
かなり落ち込みました。
でも何事もなく、
まわりに燃えるものもなく、
ただ火がついていた状態ですみました。

こういうときわたしは天からの救いがあったと
大感謝します。

「感謝してる場合でねえ。自分の不注意さに反省せよ。」

というツッコミ、
後半部分はその通りだと思います。
ただわたしはまず感謝する。

大事になるところが、
なにかによって守られたのだと。
なにかが守ってくれたのだと。

自分一人の力で生きていると思うことは、
結構おこがましいのかもしれません。
わたしたちは、
なにか見えないものによって、
生かされているのだと思うのです。
(ただわたしみたいなおっちょこちょいは天も計算外かと思うけど)

神様が、
「はい、この人の人生これでおーわり」
としてしまったら、
あっという間に幕引きが起こってもおかしくない。
明日死んでもおかしくないのです。

だけど今日も朝元気に目が覚める。

朝、
いつものように起きれることが、
いつものように歩けることが、
じつはとても奇跡であるということをわたしは知る。

だからこの手と足をつかって、
天がこの世で実現したいことを、
わたしは今日もさせていただこうと思う。

天は感謝されることがとってもうれしいんだそうです。
なにかあったら感謝・感謝です。





[PR]
by happyachuko | 2015-10-08 15:50 | スピリチュアル☆ | Comments(0)