日テレドラマ Mother

これ、数年前の作品ですね。
タイトルは聞いたことあったし、
ちょっと社会現象になっていることもなんとなくわかってはいたけど
ノーマークの作品でした。

先日なぜか急に『Woman』見ようっと、
と思いぞちらを見ていたのですが、
関連作品の『Mother』がなんとなく気になり、
見たのです。

それが、
衝撃すぎて、
かなりのめり込んで見ました。
3日間くらいで一気に見てしまった。
夜更かしです。
早寝早起きの効能を知っているので、
あまり夜更かしはしたくないのですが、
してしまっても惜しくないくらいはまった作品でした。

主役の松雪泰子の押さえた演技。
顔、しぐさ、しゃべり、すべてキレイ。
キレイすぎてさらっとしているんだけど、
内容が重いし、ほかの人のキャラが濃いから主役がこれくらい押さえた感じでも
十分見ごたえあり。

母役の高畑淳子の安定感のある演技。
この人、どんな役でも自分のキャラをうまいこと出すな~と思う。
見ていてワクワクする人。
名バイプレイヤーです。

実母役の田中裕子の奥深い愛情表現。
お母さんが隠している秘密が終盤になりわかり、涙。
母親ってこういうものだよね、と思わされた。
だいすきな女優さん。
おしんのころからすき。
向田邦子の正月ドラマシリーズでは欠かせない存在。(DVDボックス持っています)
昭和の香りがいい!
「あれ~っこんなにおばちゃんになっていたっけ?」
と思わされる後ろ姿。
迫真の演技だわ。
ますます魅かれる女優さんです。

そしてなにより当時5歳だったという芦田真菜の天才的演技。
5歳というといまのうちの末っ子とたいして年齢かわらないじゃない。
信じられない。
その年でこの演技?
すごい、すごすぎる。
芦田真菜はあれだけ騒がれる理由が分かりました。
とてもかわいい。
とても健気。
目を見開いておどろくところとか、
笑うと目がなくなるところとか、
末っ子とかぶる部分があってこの役の切なさが倍増。
かなり泣かされたよ、芦田真菜に。
あまりに引き込まれて芦田真菜ちゃんをウィキペディアでいろいろ調べちゃったわ。
将来たのしみな子役さん。

あとブレイク前の尾野真千子とか綾野剛も出ていて、
綾野剛はあやしいオタク野郎な感じで、
終始ハラハラさせるやつで、
ほんとにやなやつでした。(役がね)
綾野剛は短髪のほうがかっこいいなぁ。
というか長髪だとだれだかわからん。

尾野真千子と芦田真菜の昔話の回は一番泣いた。
お母さんたちってみんな最初一生懸命がんばるんだよね。
がんばってがんばって、自分がなくなっちゃって、
自分がかわいそうになっちゃって、
ボロボロになって・・

あの親子を助けることができるのは、
周囲からの通報でなく、
周囲の愛だったはず・・・。

ほんとうに考えさせられるドラマでした。

時間のある時もう一度ゆっくり見たいドラマです。








[PR]
by happyachuko | 2015-10-06 13:16 | DVD